2014.10.03更新

うつ病の可能性は、周囲から患者さま本人が自然に見えるため、
なかなか症状が顕著に分からず、
見過ごされてしまうことがあります。

患者さま本人も、症状のことについて気付かないままになっていることがあり、
対処が遅れてしまうことがあります。
そうなってしまうと、患者さまも余計にプレッシャーを感じてしまう、
心理的に追い詰められてしまう、という可能性があります。

うつ病は、近年、社会的にも「心の風邪」として認知されるようになりましたが、
まだ実際にどのような症状が伴うのか、
ということは知られていない一面があります。

そのため、対応がまだ不十分になってしまっていることころがあります。
もし、うつ病のことでご不安があるなら、問題をそのままにせず、
ぜひ横浜市の心療内科でも治療実績がございます、
当院にご相談をいただければ、的確に治療を進めることをお約束いたします。

心理的にもプレッシャーを受けてしまう、
など症状が顕著にみられるような場合には、
ぜひ早めに当院で治療をされることで、患者さまのうつ病の症状についても、
大きく軽減できますので、ぜひどのようなことでもお任せください。

もし、ご家族の中にもうつ病の症状がみられる、
などお悩みの方がおりましたら、早期にご相談ください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.09.30更新

ストレス関連障害は、周囲からは理解されにくい病気で、
患者さまも意思の疎通が出来るため、
心理的な疾患と気付かれないことがございます。

また、患者さま自身もそれほど病気という意識がなく、
不眠やイライラ、健忘などの症状を見過ごしてしまうことがございます。

しかしながら、重篤な症状になると、
PTSD(心的外傷性ストレス症候群)のような症状になることもあり、
生命の危機となる交通事故や理不尽な暴力によって、
その症状がみられることがございます。

患者さま自身は悪夢などに悩まされることになり、
その状況が悪化してしまうと、治療が困難になってしまうことも珍しくありません。

冷静な判断を下すことが出来ず、
常に周囲からはパニックを起こしているような状態とみられることもあります。
適切な治療をしなければ、周囲での社会的な行動が難しいこともございますので、
ぜひ適切な治療をするためには、横浜市の心療内科でも治療実績がある、
当院にご相談をされることをお勧めいたします。

ストレス関連障害は、適切なカウンセリングと、
睡眠不足などを解消するための投薬などの治療が不可欠です。
ご家族でお困りな方もぜひ、早期に当院で治療を受けることをお勧めいたします。
早期治療が症状の改善につながりますので、早めの受診をお勧めします。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.09.26更新

不眠や過眠症は、精神の状態が不安定だと引き起こされます。
初期の段階では調子が悪いくらいにしか感じていないことも、
そのまま病状を放置してしまうと、
さらに心理的にも圧迫感を受けてしまい、
なかなか解消できない状態に陥るリスクがあります。

そのような状況を防ぐためにも、早めに実際にどのような症状がみられるか、
ということを正確に判断することが必要です。

過眠症が続く場合、無気力になることが多い、
嫌なことがあって、現実から逃避したい、
など精神的な要因が関連していることがあります。

体調も優れず、運動不足のため、肥満や各種成人病を引き起こすリスクもあります。
本人自体も過眠症を解消したいと思っていても対策が分からず、
時間ばかりが経過してしまっている可能性があります。

逆に不眠症は、過度のストレスが要因になっています。
重度の精神的なプレッシャーを受けてしまったときに発生する、
PTSD(心的外傷性ストレス症候群)の場合には、
不眠症に陥ることも決して珍しいことではありません。

そのような状況を長く続けてしまうと、精神的にも追い詰められることになるため、
出来る限り早めに、的確に治療をすることこそが、
本当に望ましい治療の一つということがいえるでしょう。
ぜひ、不安のある方は、横浜市の当心療内科にご相談ください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.09.19更新

重傷の交通事故などが原因で心に負担がかかると、
重度の心理的負担によってPTSD(心的外傷性ストレス症候群)など、
ストレス関連障害を引き起こす可能性があります。

そのような症状の傾向があるのでしたら、
出来る限り早めに、専門的な治療をお勧めいたします。

PTSDのおもな症状としては、不安、悪寒、
毎日のイライラ、頭痛などの症状が見られます。

また精神が落ち着かず安定しない生活を送ることが珍しくありません。
外見上は、それほど変わった様子も見られないため、
そのまま周囲からは「病気ではない」と思われてしまうこともあります。

しかしながらPTSDは、通常の社会的な行動に大きな阻害をきたし、
患者さまの心理的な負担にも多大な影響を与えてしまう危険があります。

ご自身では気づいていないものの、記憶障害や、
行動障害につながってしまっている可能性もございます。

そのようなリスクは出来る限り早期に避けて、
確実に解決を図れるようにすることをお勧めいたします。
病状について、そのまま放置しておくとさらに重症化してしまう危険があります。
何か不安がある場合には、
出来る限り早めに横浜市でも専門的に治療をしている当院にご相談ください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.09.12更新

不登校や登校拒否は、まったく原因が分からず、
心理的にプレッシャーを受けてしまう、ということが珍しくありません。
本人も何とかしようと思っていても、
「周囲となじめない」「やる気が起きない」などで登校に結び付かないことがあります。

そのような状況が長く続いてしまうと、心理的にもプレッシャーが大きくなり、
家族の中でも過ごしずらい、気まずい思いをしてしまう、
という結果になってしまうことがあります。

横浜市でも実績がある心療内科である当院であれば、
そのような状況を改善することが可能です。
もし、何かそのような兆候がみられる場合には、
ぜひ早めに専門的に治療をしている当院にお任せいただければ、
確実に治療をさせていただくことをお約束いたします。

横浜市の心療内科であれば、患者さまの目線に立って、
出来る限り負担が小さくなるように、
専門的なカウンセリングや投薬による治療が可能です。

思春期の患者さまは、ご家族でも分からないような、
精神的な負担を抱えていることも多いため、
ぜひ早めに専門的な治療で対処することをお勧めしております。

何かご不安があることや、心理的にプレッシャーを感じることがあるなら、
ぜひ早めにきっちりと治療をすることが安心です。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.08.29更新

ストレス関連障害、
およびPTSD(心的外傷性ストレス症候群)は、
早期に治療をしなければ、症状がさらに重篤になる可能性がございます。

ご自分では治療の状況が分からず、
そのまま病状を悪化させてしまう、
周囲との摩擦を引き起こしてしまう、
などのリスクがございます。

一見すると、周囲とのコミュニケーションが可能であるため、
まったく病気のように見えませんが、
心理的に大きなプレッシャーを受けてしまっているため、
集中力が続かない、日々の生活で不安感を覚える、
などさまざまな症状が見られることも少なくありません。

また、なかなか症状が落ち着かず、
家族や職場でもどのように対処すればいいのか、
ということが分からないままになってしまっている可能性があります。

PTSDは、生命に関する大きなストレスを受けた時や、
ひき逃げの交通事故などで心理的な圧力を受けた時など、
通常の生活であり得ないようなストレスを受けると、
引き起こされるリスクがある病気です。

横浜の心療内科でもPTSDを含むストレス関連障害に対する、
幅広い治療実績がある当院であれば、
柔軟に病気に関して治療をさせていただきます。
もし、何かご不安があるのであれば、ぜひ早期にご相談ください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.08.22更新

平成の時代に入り、うつ病のかたは急激に増加しました。
うつ病になる原因は色々ありますが、一番原因となるのはストレスです。
会社で上司に一度怒られただけでうつ病になるかたもおり、
うつ病はいつ誰がなるかわからない病気と言えます。
内向的な性格のかたになりやすいという特徴があり、
何かあった時に引きこもりがちになってしまうかたも危険です。

うつ病の治療法はカウンセリングや投薬治療がメインです。
投薬治療は、最初は薬を多く飲んでもらい、
症状が改善していくとともに薬の量を少なくしていきます。
最終的に薬がなくても学校生活や社会生活を送れるようにしていき、
根本からの改善を目指します。

カウンセリングはカウンセラーのかたと患者様が一対一でお話をし、
吐き出したい部分を吐き出し、精神的なストレスを和らげていきます。
誰にも話せないようなことも話すことができ、
心の中で引っ掛かっていたことも気軽に話せる環境をなっているので、
人と接するのが苦手というかたも安心です。

うつ病の症状が悪化してしまうと治療期間が長くなり、
治療が難しくなってしまいます。
ご自身でうつ病と思った時に放置せずに、
専門家のかたに診てもらい、
適切な治療をすべきです。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.08.18更新

ストレス関連障害は、気付かないうちに精神的にも負担が大きくなり、
なかなか抜け出せなくなってしまう危険性があります。

そのような状況は決して望ましいことではなく、
心理的にも大きな負担を生む危険性があります。

本人は、「自分ではまだ大丈夫」と思ってしまっているため、
周囲からは、ただ調子が悪い、という印象しかない場合があります。
本人自身も病気だと気付いていないため、
医師からの治療を受けないで、さらに症状を悪化させてしまう危険性があります。

ストレス関連障害は、不眠、憂鬱感、何事にもやる気が起きない、
今まで出来たことが出来なくなる、記憶障害、
など幅広い分野で顕著な症状がみられることがあります。

一度、症状が悪化してしまうと、治療に長く時間がかかることも珍しくありません。
横浜市の心療内科として治療実績がある当院では、
そのような症状に対して柔軟に対応をする用意がございます。

もし、何か生活面でストレスを感じている、ということがあるなら、
ぜひ早めに当院に治療をお任せいただければ確実に治療をいたします。

ストレスをため込むのは、自律神経などにも影響いたしますので、
ご不安な方は早めの受診をお勧めいたします。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.08.04更新

うつ病は症状をそのまま放置しておくと、
さらに重篤になってしまうリスクがあります。
患者さまが気付かないうちに、精神的な負担が多くなり、
「仕事をしたくない」「何も楽しくない」などの状態になってしまいます。

そのような日々が続くと、周囲からも奇異の目で見られることがあります。
「人が変わったようだ」などと指摘されることもあります。

そのような状況は決してよいことではなく、
患者さまの精神をさらに追い詰める結果になってしまいます。

出来る限り早く「原因を取り除くための準備」をすることが望ましいといえます。
横浜市の心療内科でも治療実績が豊富な心療内科の当院であれば、
患者さまのうつ病の原因を特定し、適切な治療を行うことが可能です。

もし、「うつ病」の可能性を感じている段階、
また過去にうつ病の経歴がある方であれば早めに治療を受けることをお勧めします。
症状に関して、そのまま放置しておくと病状がさらに悪化してしまう危険性があります。

当院では、幅広い患者さまを治療してきた実績がございますので、
もし少しでも不安を感じる方がいましたらぜひ早めにご相談ください。
そのまま症状を放置しておくと、病状が悪化してしまう危険もございますので、
まずは専門医に相談することをお勧めいたします。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.07.31更新

不眠や過眠症が続いてしまうと、日々の生活の中でも判断能力が低くなり、
生活習慣全般に影響をきたすようになってしまいます。
自分でも気付かないうちに、生活習慣全般に負担がかかっていることがあります。

毎日、疲れたような状態になる、判断ミスが多くなる、
など生活習慣に確実に影響する習慣が見られるようになります。

このような状況は決して望ましいことではなく、
早いうちに専門医に治療を受けるようにしておくことが望ましいといえます。

横浜市でも専門に治療をしている、当心療内科であれば、
精神的な負担や、生活習慣などの諸問題について、
カウンセリングを通じて、正確に判断をすることができます。

また、投薬によって不眠や過眠症を改善することが可能です。
このような生活習慣が続いてしまうと、
患者さま自身も精神的な負担が大きくなってしまい、
なかなか通常の生活を送ることが出来なくなってしまう可能性があります。

出来る限り早い段階で「専門的な治療」を意識することが望ましいといえます。
何か精神的な負担が大きい、心理的な負担がある、
など不眠や過眠症を引き起こしている原因についても、
当院では特定して患者さまの負担を軽減できるように努めています。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

前へ 前へ
初めて受診される方へ 鬱病でお悩みの方へ セカンドオピニオン外来 問診票 著書のご紹介 院長ブログ