2014.12.19更新

交通事故によるストレスを抱えてしまっている方は、
自分では気づかないものの、
急性のストレス障害や、
心的外傷性ストレス症候群(PTSD)など、
精神疾患を引き起こしているケースがございます。

これらの心的外傷のストレスの状態は、
そのまま放置してしまうと、
周囲の人からは分からないものの、
かなり重篤な症状となってしまっていることがあります。

そのような負担を出来る限り軽減するためにも、
ぜひ専門の心療内科で治療をされることをお勧めします。

横浜市神奈川区の当心療内科であれば、
そのような患者様の状態を的確に確認して、
専門的に治療をすることが可能でございます。

もし、何か心理的な外傷を抱えているようなことがあれば、
早めに治療をすることで負担を大幅に減らすことができます。

専門的に当院であれば、ストレス関連の障害を治療することが可能ですので、
もし交通事故後に不眠や、頭痛、不安感、
記憶障害などが顕著に発生する場合には相談ください。

そのままの状態を放置してしまうと、
一般的な生活を送ることも厳しくなってしまうことがございます。

精神的な負担をできるかぎり軽減するという意味でも、
ぜひ早期に横浜市神奈川区の当心療内科にご相談いただければ、
患者様の症状に合わせて専門医が治療をすることをお約束します。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.12.12更新

パニック障害はめまいや吐き気といった症状がありますが、
厄介なところはいつ症状が出るかわからない点です。
日常生活を送る上で常に不安を抱えながらの生活になるため、
学校生活や社会生活を送る上で大きなネックになってしまいます。
原因ははっきりとは解明されていませんが、
脳内神経伝達物質の量やバランスが崩れていることが原因になると言われています。

パニック障害のかたはうつ病にもなりやすいという特徴があります。
うつ病と似ている点は、いつ症状が出るのかわからないという点であり、
自分に対するふがいなさやむなしさかたうつ病も併発してしまいます。
早めに治療をすることが重要であり、
放置しておいたらどんどん症状が悪化してしまうので、
早めの治療を心がけてください。

治療は薬物療法、認知療法、運動療法などを駆使しておこなっていきます。
色々な治療をおこなうことにより、日常生活を送ることはできますが、
完治をするということはありません。
あくまでも病気が出ないような状態にするということです。
完治はできませんが、治る病気ですので、
前向きになって治療をしてください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.12.05更新

以前はうつ病は仮病と言われることが多かったですが、
今ではしっかり病気と捉えられるようになりました。
うつ病の厄介なところは、いつ症状が出るのかわからないところです。
最近症状が出ないと思っても、いつ症状が出るかわからないので、
常に不安を抱えたまま生活をしないといけません。
学校生活や社会生活を送る上で、
うつ病は大きなネックになってしまうので、
今現在でうつ病の症状にお悩みのかたはもちろん、
症状が出ていないと思っているかたも、
しっかりと治療をするようにしてください。

うつ病の治療は、
基本的にカウンセリング治療と投薬治療でおこないます。
カウンセラーのかたと一対一でお話をすることで、
うつ病になった原因を探っていきます。
お話をした内容はほかのかたに知られることがないのでご安心ください。
投薬治療では最初は大目に薬を飲み、徐々に薬の量を少なくしていきます。
最終的には薬がなくても生活ができるようにしていきます。

うつ病の症状に悩みながらの生活は苦しいものです。
いつどこで何をしていてもうつ病のことが頭から離れないので、
気が気ではないでしょう。
根本からの治療が唯一の解決方法となります。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.11.28更新

うつ病の症状が進行してしまうと、
学校生活や社会生活を送ることができなくなってしまいます。
放置をしておいても完治することはないので、
きちんと治療をするようにしてください。
自宅に閉じこもる生活をしているかたや、
誰かと会うのに恐怖心があるかたは、
うつ病の可能性があり、
一度検査をおこなうべきです。

うつ病の治療はカウンセリング治療と投薬治療でおこないます。
精神的なストレスが原因でうつ病になるかたも多数おり、
カウセンリング治療をおこない、
精神的なお悩みを取り除くことが重要になります。
お仕事でもプライベートでも精神的なストレスが溜まってしまうと、
うつ病になる可能性は十分あります。
特にいじめを受けていたかたはうつ病になりやすく、
放置しておくと症状が悪化してしまうので危険です。

投薬治療はうつ病に効果がありますが、
最終的には薬がなくても大丈夫なようにならないといけないので、
薬を使用している時に油断はできません。
いつどこでうつ病の症状が出るのかわからないのが厄介な点であり、
きちんと治療をしないと、
いつどこで何をしていても、
うつ病のことを気にしないといけなくなってしまいます。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.11.25更新

誰でも緊張することはありますが、
緊張感が高まり、不安や恐怖を感じるようになり、
次第に緊張感がある場面を意図的に避けるというかたは、
社交不安障害の可能性があります。
一般的には緊張する場面でも、
経験を積むことで克服できますが、
社交不安障害の場合は、どんどんエスカレートしてしまい、
お仕事の時でもプライベートでも大きなネックになってしまいます。

日本では社交不安障害の症状でお悩みのかたが300万人以上います。
発症するのは20歳前後のかたが多く、
社会生活を送ることができなくなったかたも多いので、
しっかり治療をすることをおすすめします。
治療の際には第3世代の抗うつ薬のSSRIを使用しており、
比較的副作用が少なく、安全性も高いので、ご安心ください。
SSRIを使用している時は症状が表面化しにくいですが、
使用をやめた時に症状が表面化するかたも多く、
再発をしないことも目的と使用しないと、
後に後悔してしまいます。

日常生活でできるセルフケアもおこなってもらいます。
規則正しい生活をするようにすれば、
セルフケアになります。
社交不安障害のかたは不規則な生活を送りがちであり、
規則正しい生活をすることで症状が表面化しにくくなり、
効果があったということは証明されています。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.11.21更新

うつ病は、以前は仮病と言われていました。
平成の時代になってからうつ病という言葉が認知されるようになり、
きちんと病気と周りのかたから判断されるようになっていきました。
ご自身がうつ病と思っているかたは、
早めに治療をすることが重要です。
放置しておくことは後の生活に大きく影響してしまいます。

うつ病は放置しておいても改善するというものではありません。
しっかり治療をしても必ず完治するというものではないですが、
治療をしないといつどこでうつ病の症状が出るのかわからないので、
不安を抱えたままの生活を余儀なくされます。

治療は投薬治療やカウンセリングでおこないます。
投薬治療をすることによって、うつ病の症状を抑えることができるので、
不安な気持ちを抱えることが少なくなります。
最終的には薬がなくても生活ができるようにしていきます。
カウンセリング治療では、カウンセラーと何気ない話をします。
友人や知人のかたにお話しができないことも気軽に話せます。
カウンセラーは色々なうつ病の症状があるかたを治療しているので、
何でも相談をすることができます。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.11.14更新

パニック障害があるというかたは、早期治療が望ましいです。
いつどこで症状が出るのかわからないので、
学校生活や社会生活を送るのが難しくなってしまいます。
パニック障害があるかたは、良い人間関係を築けなくなるという部分があります。
大事なお仕事を任せられている内に症状が出てしまうと、
お仕事ができなくなってしまいます。
そういったかたにお仕事を任せることができないと判断されてしまい、
お仕事がしにくくなります。
また、友人や知人との付き合いも疎遠になりやすいので、
色々な面で悪影響となってしまいます。

治療の際には投薬治療やカウンセリング治療をおこない治療していきます。
カウンセリング治療はカウンセラーのかたと一対一でおこなうので、
ほかのかたに内容を知られることはありません。
友人や知人のかたにも言えないことを相談することができ、
気持ち的に楽になっていきます。
安心して生活をするためには、
パニック障害は一早く治療すべきであり、
自暴自棄になって放置してしまうのが一番良くありません。
お悩みのかたは、一度当院に足を運んでいただき、
ご相談をしてください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.10.31更新

うつ病は、意外とご自身で気付かないうちに、
心理的に追い詰められる、などの症状で、
急に症状が表立ってしまうことがあります。
うつ病は、自分が病気だと気付かないまま、
症状を悪化させてしまっている可能性がございます。

そのような状況になってしまうと、なかなか完治が出来ず、
仕事や日常生活にも支障をきたす、などの症状がみられることがあります。

一度、その悪循環に陥ってしまうと、完治までに時間がかかってしまい、
心理的にも余計なプレッシャーを受けてしまう、などという可能性があります。

もし、少しでもうつ病の不安があるなら、専門的に治療をしている、
当心療内科にご相談いただければ、患者さまの心理的なストレスを、
少しでも緩和できるように当院で治療をさせていただきます。

うつ病は、患者さま本人が苦しんでいても、周囲からは、
その原因や症状の特性などについて、
分からないままになってしまっている可能性がございますので、
横浜市神奈川区で専門にうつ病の治療をしている当院にぜひ、ご相談ください。

うつ病に関しては、柔軟な治療を進めさせていただきますので、
ご家族でご不安がある場合にも、ぜひ早めにご相談をされるようにしてください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.10.24更新

不眠や過眠症の方は、ご自身でも生活に支障をきたしており、
何とかしたい、と考えている方がほとんどです。
ですが、なかなか治療の方針が立たず、
時間ばかりが経過してしまっている、
という可能性がございます。

一度、不眠や過眠症に陥ってしまうと、なかなか抜け出せなくなってしまい、
そのまま症状が重篤になってしまう可能性がございます。
そのようなリスクを出来る限り軽減するためにも、
ぜひ早めに治療を進めることをお勧めいたします。

不眠や過眠症の原因のほとんどは精神的な影響が、
睡眠を阻害しており、本人も原因を自覚していない場合があります。
また、長い習慣によって、不眠や仮眠が常習化してしまい、
なかなか治療が困難になってしまっている可能性があります。

そのような状態になる前にも、横浜市神奈川区の当クリニックにご相談いただければ、
患者さまの状況に合わせて的確に治療を進めることをお約束いたします。
何か心理的にも負担になっていることがございましたら、
そのまま放置せずに、早期に治療することが大切です。

当クリニックでは、患者さま一人ひとりに合わせて、
的確な投薬やカウンセリングを行いますので、
一人で悩まず、専門医に治療をお勧めいたします。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.10.17更新

ストレス関連障害は、日常生活の中で気付かないうちに、
大きなストレスを抱えてしまう、ということが多くあります。
気付かないうちに、身近な生活の中で余計な負担を感じてしまっている、
ということも珍しくありません。

また、患者さま自体も実際にストレスにされている、
と気付かないままになってしまっているため、
精神的にも追い詰められてしまっている可能性があります。

そのような状況は決して望ましいことではなく、
健康上のも大きな負担になっている可能性があります。

もし、少しでも毎日の生活の中で、そのようなストレスの要因があるなら、
それが少しづつ「心の中」で蓄積してしまい、
それが全体的な生活の中で最終的に大きな負担になってしまっている可能性があります。

早くその状態に気付かなければ、最終的に逃れられないような状態になってしまうという、
悪循環に陥る危険性もあります。

ストレス関係について、どのような要因が自分の負担になっているのか、
ということを早めに見定めることによって、負担を大幅に減少することが可能です。

横浜市神奈川区の心療内科でストレス関連障害の治療に実績がある当院であれば、
患者さまの負担を大幅に減らせるように、
さまざまな治療やカウンセリング可能ですので、
ぜひ早期に治療をされることをお勧めします。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

前へ 前へ
初めて受診される方へ 鬱病でお悩みの方へ セカンドオピニオン外来 問診票 著書のご紹介 院長ブログ