2014.07.31更新

不眠や過眠症が続いてしまうと、日々の生活の中でも判断能力が低くなり、
生活習慣全般に影響をきたすようになってしまいます。
自分でも気付かないうちに、生活習慣全般に負担がかかっていることがあります。

毎日、疲れたような状態になる、判断ミスが多くなる、
など生活習慣に確実に影響する習慣が見られるようになります。

このような状況は決して望ましいことではなく、
早いうちに専門医に治療を受けるようにしておくことが望ましいといえます。

横浜市でも専門に治療をしている、当心療内科であれば、
精神的な負担や、生活習慣などの諸問題について、
カウンセリングを通じて、正確に判断をすることができます。

また、投薬によって不眠や過眠症を改善することが可能です。
このような生活習慣が続いてしまうと、
患者さま自身も精神的な負担が大きくなってしまい、
なかなか通常の生活を送ることが出来なくなってしまう可能性があります。

出来る限り早い段階で「専門的な治療」を意識することが望ましいといえます。
何か精神的な負担が大きい、心理的な負担がある、
など不眠や過眠症を引き起こしている原因についても、
当院では特定して患者さまの負担を軽減できるように努めています。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.07.25更新

うつ病は油断していると、心理的な負担が大きくなり、
日常生活全般を通常に過ごすこと自体が不可能になってしまいます。

そのような精神状況は決して望ましいことではないので、
出来る限り早めに、専門の医師の治療を受けることをお勧めします。

精神の負担や変調は気付かないままになってしまい、
それ自体がストレスとなってしまっていることがございます。
そのような状況は決して望ましいことではなく、心理的なプレッシャーが
より大きくなってしまう可能性があります。

出来る限り早めに「ストレスとなる要因」を解消することで、
心理的な負担を小さくして、日常生活に復帰することができます。

専門の治療実績がある当院では、うつ病の患者さまの状況に合わせて、
投薬やカウンセリングを通じて治療をさせていただきます。

うつ病は家族の方でも症状を見落としてしまい、
日常生活で患者さま本人を責めてしまいがちな病気といえます。
そのような状況を放置すると、心理的な負担が大きくなってしまうので、
患者さまの病状を完治させるためにも、早めに横浜市でも治療実績がある、
当院にお任せいただければ患者さまに応じた治療をお約束いたします。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.07.11更新

うつ病の治療法は大きな分けると投薬治療と精神療法です。
精神療法の中の「認知行動療法」が現在、うつ病治療に多く用いられている精神療法です。
これは、否定的な思考を柔軟な思考に変えていき、
患者の感情や行動を適応的なものにを変えてくものです。

投薬治療の際に使用される薬は5種類あります。
「SSRI」「SNRI」「NaSSA」「三環系抗うつ薬」「四環系抗うつ薬」です。
世界中で一番使用されている薬は「SSRI」であり、
不安を抑える効果が強いので、不安が強い患者によく使用されています。
副作用は少ないのですが、飲み始めた時に、
嘔吐、吐き気、下痢などの副作用があらわれることがあります。

抗うつ薬はうつ病の原因である、
脳内情報伝達物質バランスの乱れを調整する作用があり、
患者は心と身体に活力や意欲が伝達されるようになります。

投薬治療の際に注意しなくてはいけないのが、
使用方法を間違えないことや症状に合わせた薬を使用することです。
どの薬も効果が異なっており、症状に合っていない薬を使用しても、
効果は期待できないです。
投薬治療によりうつ病を改善することは可能であり、
実際に多くのかたが完治しています。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.07.07更新

ストレス関連障害は、
そのまま放置しておくと、
心理的なプレッシャーが大きくなり、
さまざまな健康障害や日常生活に大きな負荷をかけてしまう危険性があります。

出来る限り早い段階で「何が原因なのか」ということを突き止め、
確実に治療を受けるようにすることが望ましいといえます。

ストレスをそのまま放置しておくと、
心理的なプレッシャーも大きくなり、
治療が困難になってしまうことも珍しくありません。
また、日々の生活で周囲から理解を受けられない行動が多くなる、
人と衝突することが多くなってしまうということが見受けられます。

初期の段階では周囲とのコミュニケーションにもそれほど問題がなく、
本人にも違和感がないため、
そのまま見過ごされてしまうことがありますが、
中度、重度になると治療が困難になるばかりか、
周囲でも手に負えないような病状の悪化が見られる危険もあるので、
早い段階で専門の医師による治療を受けることをお勧めしております。

横浜市の心療内科でも実績がある当院であれば、
確実な治療を受けるためのアドバイスを実施しておりますので、
もし心理的な負担や不安感が大きい方の場合には、
出来る限り早めに的確に治療を受けることをお勧めしております。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

初めて受診される方へ 鬱病でお悩みの方へ セカンドオピニオン外来 問診票 著書のご紹介 院長ブログ 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC