2014.04.28更新

日々の精神的、身体的なストレスが蓄積されると、
脳の機能障害を発生させてしまい、その結果「うつ病」を
発症させてしまいます。
ストレス社会と言われる現代では、学校、職場、自宅など、
人によっては心が休まる場所がないという境遇のケースもあります。
生活の全面でストレスがかかり、気が滅入ってしまうと
うつ病はかかりやすくなります。

精神病の一つとも言われていますが、脳の病気の一つであり、
うつ病になると正しい治療、カウンセリングが必要になります。
主に挙げられる症状としては食欲が損なわれたり、睡眠が取れなかったり
するような日常生活に支障をきたす事柄が多いです。

また、何をしても楽しめないという気分的な事も
うつ病からきている可能性があるので、
身近で症状に一致するかたがいる場合、専門家を紹介してあげる事が
社会復帰してもらうためには必要になります。

もちろん、症状を「自覚」している場合にしても、
みずから病院へ行き、正しい治療を受ける事が
将来的の為にも大切です。

横浜市の心療内科では、うつ病を初めとした精神病に関する
カウンセリング、治療を行なっており、解決に導いています。
日々のストレスが蓄積され、気分が上がらない、
食欲がないなどの、明確な症状を感知した場合、
一度、当院にご相談下さい。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.04.24更新

ストレス関連障害は、知らないうちに日常生活でストレスが過剰にかかっている、
などの状況が続いてしまうと、なかなか脱却できなくなってしまうことがあります。
自分で気づいていないだけで、精神的にストレスを抱えている、
疲労感が目立つ、などの日常生活で変わった点があると、
放置しておくと、最終的に生命にかかわってしまう危険もあります。

その他、精神病の原因になることもあり、本人が気づいていないだけで、
仕事や家庭生活が大きな負担になっていることもあります。

そのような状況を出来る限り軽減する、という意味でも、横浜市の
心療内科でストレス関連障害を適切に扱っている当院にご相談いただければ、
患者さま一人ひとりの状況に合わせて、的確に治療をすることを
お約束いたします。

もし、心理的なプレッシャーや、生活習慣全般に何か不安やトラブルを抱えている、
というようなことがあれば、出来る限り早めにご相談いただければ、
なるべく患者さまのご負担にならないように、適切に対応いたします。

患者さまのご負担やご家族で何かお悩みを抱えている場合にも
ベテランの医師が患者さまの状況に合わせて、幅広く対処いたしますので、
どのようなことでもお気軽にご相談ください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.04.17更新

現在日本人の約10%が過敏性腸症候群になっています。
発症年数は20代~40代のかたが多く、便通の状態は「便秘型」
「下痢型」「交代型」の3種類に分かれますが、どれも症状も
治療法も異なります。

原因の多くは、ストレスが関与していると言われ、
まれに「感染性腸炎」のあとに発症するケースもあります。
心理的な負担が大きく関わってくる病気ですので、
社会生活や学校生活でお悩みやストレスを抱えている事が多く見られます。
投薬治療が主な治療法になります。

ぜひ、お早めに横浜市の当院の心療内科へご相談ください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

初めて受診される方へ 鬱病でお悩みの方へ セカンドオピニオン外来 問診票 著書のご紹介 院長ブログ 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC