2014.01.30更新

不眠症や過眠症の症状がある人は、普段の生活で
いろいろと支障を起こすので、人間関係で
トラブルを引き起こすことがございます。

たとえば、不眠症の方の場合、十分な睡眠を
取っていないために、イライラ感や、倦怠感、
ストレスのための頭痛、腰痛、食欲の不振などの
症状が現れ、通常の生活を送ることが難しくなってしまう
可能性があります。

逆に過眠症の場合には、肥満や無気力、
集中力の欠如、昼夜逆転した生活など、
日常生活を他の人に合わせておくることが難しく
なってしまう可能性がございます。

また、不眠症の要因となる精神病の一つに
心的外傷性ストレス障害(PTSD)があります。
この病気は、精神的に急に大きな障害を受けたときに
発病することで知られており、ベトナム戦争の帰還兵が
多く精神症状の苦痛を訴えたことで、有名になった病気です。
現在の日本では交通事故などで大きな障害を受けた方が
不眠症と合わせて、これらの症状を引き起こすことがございます。

このように、睡眠と精神的なストレスは大きく関連しているため、
早期に専門医による治療が望ましいといえます。
横浜市の心療内科でも治療実績がある当院では、
症状を的確に緩和するカウンセリングや投薬を
行いますので、ぜひ早期にご相談ください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.01.27更新

環境の変化や思春期特有の多感的な感情、さまざまな要素によって、
高校生で不登校に陥ることは珍しくありません。
本人の自主努力だけでは症状が改善せず、
周囲から学校への登校を進め過ぎることは、心理的にも圧力となり、
逆効果になってしまう恐れがあります。

そのような状況では、できる限り何が問題なのか、ということを
分析し、できる限り患者さま一人ひとりの事情を理解して、心理的な負担を
取り除くケアをすることが必要になります。

思春期の多感な時期に症状を見過ごし、さらに状況を悪化してしまうと、
のちに、心理的に大きな負担を与えてしまうこともございますので、
できる限り早期に症状に向き合えるようにしておくことが肝心です。

もし、何か不安なこと、対応に苦慮されていることがあれば、
横浜市でも高校生の不登校の治療に実績がある心療内科である
当院にお任せいただければ、的確な治療、および
カウンセリングを実施されていただきます。

高校生や20代など若年者の場合、心理的な要因が多彩であり、
何が原因なのか周囲からは分かりにくい、ということもございますので、
できる限り早期に原因を取り除き、的確な治療をすることが最も、
望ましい方法の一つということがいえます。
ぜひ、そのように的確な治療を進められることをお勧めいたします。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.01.23更新

うつ病はそのまま放置しておくと、症状がさらに悪化してしまい、
本人が社会的な生活を送る大きな妨げとなる可能性があります。
周囲からは急にふさぎこんでしまった、
活力が無くなった、というように見えますが、
重篤な精神病に陥ってしまう危険もあります。

もし、ご家族やご自分でうつ病の恐れがあると感じた場合、
一刻も早く専門医によって治療を受ける事をお勧めいたします。
うつ病は「心の風邪」と呼ばれることがありますが、
軽視していると、症状がさらに悪化してしまい、
現状から立ち直ることが困難になってしまうことが予想されます。

うつ病に陥った場合には、他にも生活習慣全体に悪い影響が
はっきりと現れてしまう危険もあるので、医師による
適切な治療を受けるようにしておくことが望ましいといえます。

もし、うつ病になってしまい、いろいろと生活に支障をきたす
ようになった場合、横浜市でも治療実績が豊富な心療内科である
当院にご相談いただければ、患者様の病状に合わせて的確な
治療をさせていただくことをお約束いたします。
病気について、何か不安がある、生活習慣に負担となることがある、
などがございましたら、どのような事でも早期にご相談ください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.01.16更新

過食や拒食のような、極端な症状が現れたときは、
本人にすべて責任を転嫁してしまい、周辺環境の変化や、
ストレス要因を見逃してしまっていることがございます。
心理的に患者さまの負担が増大していることで、
生活全般に負担がかかってしまい、なかなかその状況を改善することが
できずに苦しんでしまっていることも珍しくありません。

過食や拒食は、肉体的な負担も大きく、体型の大きな変化、
性格上の変化なども見られるようになり、周囲からさらに
本人を追い詰める圧力になってしまうことがあります。

そのような状況は患者さまにとって非常に酷な状況であり、
特に若年者の場合には周囲との軋轢や特殊な環境になじめない、
など様々な原因で症状が引き起こされてしまっている可能性があります。

もし、そのような症状がみられるときは、できる限り早く
専門医によるカウンセリング等を行い、患者さまの心理的な
ご負担をできる限り減らすように対処することが望ましいといえます。

横浜市の心療内科でも実績がある当院では、定期的に心理的なカウンセリングなどを
実施しているので、できる限り負担を無くして、安定した対応を
進めることが可能になっています。
ぜひ、何かご不安がある人は、当院にご相談ください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2014.01.09更新

パニック障害は原因が分からず、そううつ状態を繰り返し、
患者自身が突飛な行動を取る、そう状態のときにひらめきや、
周囲に迷惑となる言動、予想外の行動が目立ちます。
うつ状態のときには、まったく周囲とコミュニケーションを取らず、
ふさぎこんでいる状態が続く、など周囲から見ると
病気とは思えず、本人の責任にされてしまっていることがあります。

そのような状態が長く続くと、患者様本人の精神的な負担が大きくなり、
症状が解決するところか、逆に精神的に圧力を感じる状態になってしまう
ことが珍しくありません。

早期に解決するためにも、原因を特定し、出来る限りきっちりと患者様の
病状と向き合い、専門医によるカウンセリングと、投薬によって
症状を緩和することが望ましいといえます。

当院では、治療実績が豊富な意思が在籍しておりますので、パニック障害の
原因を特定し、患者様ひとりひとりに合わせた治療を行っております。

若年者の場合、環境の変化や、周囲とのコミュニケーションがうまくいかない、
などが理由で症状が悪化してしまっていることもございますので、
そのようなひどい状況を防ぐという意味でも、ぜひ当院に治療を
お任せいたただければ、的確に治療をいたしますので、お任せ下さい。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

初めて受診される方へ 鬱病でお悩みの方へ セカンドオピニオン外来 問診票 著書のご紹介 院長ブログ 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC