2013.08.28更新

不眠症は、さまざまな原因で引き起こされることがあり、
本人の努力だけではなかなか改善しないことがあります。
人間関係のストレスや長年の生活習慣が原因であることも多く、
自分で意識していないために、不眠が原因で、
便秘や頭痛、肩コリなどさまざまな症状を引き起こすこともあります。

不眠には、的確な治療によって改善が見られることも知られており、
精神的な要因がある場合、
医師による的確なケアと投薬によって治療が可能です。
その場合、不眠に対して実績がある横浜市の診療内科である当院に
まずご相談いただければ、患者様のご負担を軽減できるよう
最大限の治療をさせていただくことをお約束いたします。

病気に対しては、そのまま放置しておくと、さらに症状が悪化し、
他の精神病などを発病してしまうリスクもあります。
そのようにならないためにも、まずは一度、専門医に
相談することが完治への第一歩といえます。

病気に対して、そのまま放置しておくと、決して解決しないばかりでなく、
他にもいろいろと健康上の問題が発生することがあります。
患者様の負担も治療を先延ばしするとさらに大きくなることがあるので、
早めの治療を心掛けておくと良いでしょう。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2013.08.22更新

摂食障害の人は、毎日の生活の中で、何か精神的な
悩みを抱えていたり、イライラやストレスに対する
耐久性がなかったりなどの症状が顕著にみられる
ことがあります。

自分では何が原因なのか分からず、症状をさらにひどく
するようなこともしばしばみられ、
意識しないうちに、拒食症や過食症などの
摂食障害に陥ってしまうことがあります。

極端な症状がみられなくても、不定愁訴などの
落ち着きがない、イライラが募る、などの
症状があわせてみられることがあり、
本人には初期の段階ではほとんど、
自覚症状がない病気です。

これらの摂食障害は、精神的な要因が強く
影響していることが知られており、何らかの
外的要因となるストレスによって引き起こされているため、
そのストレスとなっている原因を取り除くことが必要です。

心療内科ではそのようなストレスの原因を早い段階で
見つけてくれるので、ストレス要因はかなり
除去できるといえるでしょう。

もし早期に摂食障害を解消したいと考えるのであれば、
医師による専門的なカウンセリングを通じて、まずは
自分が摂食障害になった原因をつきとめることからはじめることです。

また、摂食障害の症状が著しい場合には、投薬によって
症状を緩和することもできるので、できる限り
早い段階で治療を始めるのが効果は高いといえます。

症状がはっきりとしているのに、そのまま放置しておくと、
さらに病状が悪化してしまうこともあるので、
ぜひ当院に一度、ご相談いただければ、できる限り患者様に
負担がかからない治療法を努力させていただきます。

大切なことは、ひとりで悩まないで、早い段階で
きっちりと自分自身と向き合うことが大切です。
摂食障害はほかの精神病を併発することもある、
危険な信号だととらえ、早期に治療をすることが望ましいといえます。
できる限り心に負担がかからないよう、
適格に対応するようにしてください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2013.08.19更新

最近、職場や学校でストレスを感じる事が多く
「うつ病」になってしまう人が多くなってきています。
現代はストレス社会と言われていますので、
強いストレスを感じて、うつ病になる前にしっかりと
病院へ行って治療を行なう事が大切になります。

うつ病は医学的に気分障害と言われている事もあります。
つまりは心の病気でもありますので、うつ病を改善する方法
としてはまずストレスの要因を解く事が必要になります。
うつ病は放置してしまうと「パニック障害」「睡眠障害」などといった
さまざまな合併症を起こしてしまい、日常生活に支障を与えてしまう
可能性がありますのでしっかりと治療を行なう様に
意識しておく事が大切になります。
そういった心の病気に関しましては心療内科へ受診する事が
おすすめになります。

うつ病は放置しておくと回復に無駄な時間がかかってしまい、
しっかりと完治するまでに日常生活に
さまざまな悪影響をもたらしてしまう事になります。
できる限り自分で意識してうつ病の方は病院へ
行かれる事がオススメになります。
心療内科ではカウンセリングから投薬療法も行なっている事があります。
うつ病にお困りの際にはまず横浜市にある心療内科、当院をご利用して、
早期発見、早期治療を心がける様にしてみてはいかがでしょうか。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2013.08.12更新

なんでもうまくいって気持ちが高揚している時もあるが、
落ち込んでブルーになってしまうことなどもあります。
人間の精神というのは、どんな時でも、どんな状態でも、
一定に保たれた健康であるということは稀であります。

しかし現実には、心の病気なんて、とんでもないと、私の精神は健康だと
誰しもが思っています。しかし現在の日本では年間の自殺者が3万人を
超えていますので、リストラ、経済不安など理由は色々ありますが、
自殺者の多くがうつ病、あるいはうつの症状があると言われています。

人間の精神は持って生まれた性格や、遺伝子だけでなく、
様々な要因によって、常に変化しています。
人間の精神はどんな時も、どんな状態でも一定に保たれ健康である
ということは稀なことです。人間の精神は、ストレスや、外界からの
様々なことにさらされ、時には疲れ、傷つくことがあります。

そのようなことを感じた方は
横浜市にある心療内科の当院までご相談下さい。
お客様の状態に合わせた治療を行います。

または無理の無い治療を心がけ、
生活に影響がないような治療を心がけます。
大切なのはどこで治療をするかということです。
あまり有効的ではない治療は、この症状を悪化させます。

心の悩みを抱えている方は
一人で悩まず、まず勇気を出して、当院にご相談ください。
一人で考え悩む必要はありません。
まずは病気かもしれないということを自覚して、
治療を一緒に行なって行きましょう。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2013.08.07更新

うつ病は、しっかりと治る病気です。一時的な気分の浮き沈みが、
患者さんを神経質にさせてしまうことがあります。

まずうつ病は、やる気が無くなります。何に対しても意欲がわかず、
睡眠障害まで引き起こすことが確認されています。
抗鬱剤などの処方によって一時的に回復しますが、
この抗鬱剤の処方が間違ってしまうと逆に薬物依存になってしまいますので、
注意が必要です。

近年医師のモラルの低下によってこのような、処方される薬も、
軽度のうつ病患者にリタリンなどの強力な抗鬱剤などの投与など
間違った処方の仕方をしているために完治できない患者さんも増えています。
患者さんはしっかりとした専門家との相談をして
正しい治療を心がければ完治します。

横浜市にある当心療内科はうつ病に対して、正しい治療を行なっております。
極力、害のない薬の処方をし的確に治療をしていくことによって、
患者さんの信用を得ています。また睡眠障害なども、
うつ病患者が発症する症状ですが、
この間の薬も注意して選別していかなくてはなりません。

車の運転なども通常の生活で支障がないような治療を心がけます。
赤玉と呼ばれる睡眠薬がありますが、これは長い間起きていても
昏睡状態になりますので、あまり処方するにはオススメ出来ません。
うつ病は治る病気です。しかし、モラルのない医師と
治療することは、非常に危険です。
当院は正しい治療を患者さんと心がけていきますので、
安心してご利用して下さい。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

初めて受診される方へ 鬱病でお悩みの方へ セカンドオピニオン外来 問診票 著書のご紹介 院長ブログ 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC