2013.04.27更新

クリニックに通う患者さまの症状は人それぞれです。
通ううちに、順調に回復されることもありますし、ゆっくり回復されるケースもあります。
そのペースは本当に人それぞれです。
もし少し回復してきたな、と思われてもクリニックには予定通り通院していただきたいなと思います。

処方薬を自己判断で減薬したり、飲むのをやめてしまうことはとても危険です。
中には急にやめてしまうと副作用が発生するお薬もありますので、担当医と相談してお薬の量や通院のペースを決めていきましょう。

また私どもはあくまで患者様が普通の生活を送れるようにサポートするのが仕事です。
例えばお薬を完全に飲まなくなることが完治ということではありません。
お薬を飲んでいたとしても、ほぼ通常に近い生活が送れるようになることを目指しています。

心療内科のお薬に偏見を持たれる方もいるかもしれませんが、他の科のお薬となんら変わりません。
例えばコレステロールが高い方がそれを抑える薬を飲んで生活しているのと何も変わりません。
ゆっくり心を構えて治療していきましょう。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2013.04.24更新

心療内科では、投薬治療が基本となります。患者さまのお話を聞き、症状に合ったお薬を処方いたします。そしてお薬を調整しながら困っている症状の軽減を目指していきます。
ですが、何らかの不快な症状が出るまでには、それぞれきっかけがある場合が少なくありません。それが几帳面すぎる性格であったり、何か悲しい出来事があった後に発症したり、と人さまざまです。例えば完璧主義がゆえに、仕事がうまくいかず、うつ病になった患者さまがいらっしゃったとします。その場合は投薬治療はもちろん行いますが、几帳面すぎる考え方を変えない限りは根本的な解決にはつながりません。ある程度症状が落ち着いたところで、カウンセリングや認知療法などのお薬を使わない治療もおすすめしています。
このような心理療法もうつ病ではとても有効だといわれております。凝り固まった考え方をもっとおおらかに持ち、完璧でない自分も認められるようになることが、ご自身のストレス軽減につながります。考え方を変えることが、症状の軽減や再発の予防につながります。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2013.04.20更新

心療内科では、いろいろなお薬を処方します。例えば過敏性腸症候群の方には消化器系のお薬や安定剤であったり、不眠症であれば睡眠導入剤であったりします。またうつ病やその他ストレス関連の疾患の患者さまには抗うつ剤を処方することもあります。
私どもでお願いしているのは、医師の処方通りお薬は飲んでいただきたいということです。特に抗うつ剤に関しましては、患者さまによって合うお薬がそれぞれです。また量に関しましても、一般的なお話になりますが、最初は少量から飲んでいただいて、徐々に量を増やしていきます。この時に処方通りに飲んでいただかないと、私どもは本当にお薬が効いているのか正しい判断ができなくなってしまいます。
お薬によっては、副作用があるものもあります。ですが患者さまご自身の判断で薬を減らしたり飲まなくなってしまいますと、治療計画が立てられなくなってしまいます。副作用がつらい場合はお電話でも相談ができますので、そのような場合は医師の判断でお薬を減らしたりする場合もあります。医師や薬剤師と二人三脚で、患者さまに合うお薬を探していきます。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2013.04.17更新

春になると心身の不調を訴える方が増えます。急な朝晩の温度変化のせいで、自律神経が不安定になるせいだとも言われています。もし何日にもわたり心身ともに不調を感じるようなことがありましたら、メンタルクリニックよこはままでご相談ください。
さて、心療内科にかかる際の心構えについてお話したいと思います。当院だけでなくほとんどのクリニックは予約制ですので、必ずお電話をいただきたいと思います。最初の診察は多少なりとも緊張されるかもしれませんが、なるべくリラックスしていらしてください。心構えと申しましたが、患者さまのありのままをお聞きしたいと思っています。生活習慣、過去の病気、今現在抱えている悩み、服用しているお薬などさまざまなことを患者さまにはお聞きします。もし心配でしたら、事前に伝えたいことはメモにしてお持ちいただくとスムーズにお話ができます。
もちろんプライバシーは必ず守りますのでご安心ください。
私どもも色々な情報があればあるほど、その方に合った治療方針をたてやすくなります。また転院の場合は必ず紹介状をお持ちください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

2013.04.12更新

昨今、心療内科のクリニックがとても増えています。
当院、メンタルクリニックよこはまも心療内科が専門のクリニックです。
心療内科と精神科とは混同されがちなので、その違いについて少しご説明したいと思います。
まず精神科は基本的には精神そのものの病について治療をする科です。
カウンセリングに重きを置いているのはほぼ同じですが、心療内科は心の不調からくる身体的症状にも対応するのが特徴です。
例えば緊張するような出来事があるとお腹が痛くなる過敏性腸症候群がその一例です。
また会社の激務からストレス過多になり、眠れなくなったという不眠の方も治療の対象となります。
心療内科というといまだに敷居が高いと思われる方も多いかもしれません。
ですが患者さまは一見すると、不調を抱えられているとは思えないような元気に見える方も多いくらいです。
内科を受診してさまざまな検査をしても体には何も異常がなかった方は、ストレスにより不調を感じている可能性があります。
お心当たりがある方は、ぜひ一度心療内科を受診してみてください。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

初めて受診される方へ 鬱病でお悩みの方へ セカンドオピニオン外来 問診票 著書のご紹介 院長ブログ 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC