2015.04.30更新

お仕事でもプライベートでもストレスが溜まっている時に、
突然お腹が痛くなる経験をしたことがある方は、
過敏性腸症候群の可能性が高いです。
この過敏性腸症候群は、緊張した時やストレスが溜まった時に、
突然痛みが出るという病気であり、
いつどこで出るかわからないという部分が厄介です。
学校生活や社会生活を送る時に大きなネックになるのは間違いなく、
根本からしっかり治療をして改善すべきです。

過敏性腸症候群の治療をおこなう時には、
食事療法、薬物療法、運動療法などを駆使して治療していきます。
香辛料や脂っこいものを食べないようにするのが食事療法であり、
便秘型の方は水分をしっかりとるようにするとともに、
食物繊維の摂取が大事になります。
運動療法は適度な運動をしてストレスを解消するようにするのが目的であり、
薬物療法では腸の働きをサポートし、
便の硬さを改善するのが目的です。
セロトニンが過剰に分泌してしまうと、
腸の働きがおかしくなってしまう要因になり、
この部分の改善は必須になります。
様々な治療法があり、
治療後には過敏性腸症候群でお悩みではなくなるため、
快適な生活を送ることができるようになります。

投稿者: メンタルクリニックよこはま

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

初めて受診される方へ 鬱病でお悩みの方へ セカンドオピニオン外来 問診票 著書のご紹介 院長ブログ 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC